館内見学拠点

中世武士館
彦部家屋敷

彦部館は手臼山を詰めの城とし、館を山麓に配置した典型的な中世の城の形態を成している。
そして 永禄年間以降、城を固めるというよりも由緒ある家柄に相応しい館として整えられたと考えられる。
屋敷の規模は東西130m、南北110mのほぼ方形でその中の約100m四方部分が堀と土塁に囲まれた内郭となっている。
虎口(出入口)は南面の大手口(正門)と裏側の東北面の搦め手口(裏門)の2つである。
敷地内には国重文に指定された主屋・隠居屋(冬住み)・長屋門・文庫倉・穀倉があり、屋敷北西隅には源義国の勧請と伝えられる竹ヶ岡八幡宮と稲荷宮が祀られ戦国時代から江戸時代の面影を今に伝えている。特に庭園は巧みに竹ヶ岡の細流を導き入れ、水・石橋・滝・池・巨石を配した池泉回遊様式で室町時代の公家文化の香りを伝えている。

主屋

主屋は入母屋造り・かやぶき茅葺で、正面約18m・奥行き約11mあって規模が大きい。建築年代は江戸前期にさかのぼり、全国的にみても古い遺構であり、当時の上層農家の姿を伝えている。

長屋門

屋敷の表門で正面16.2m・奥行き3.8mで、屋根は茅葺・寄棟造りとする細長い建物である。

冬住み

隠居屋であって、正面10.3m・奥行き6m弱で、 屋根は茅葺・寄棟造り、桟瓦葺の下屋おろしがある。

文庫倉

土蔵造り、正面10.9m・奥行き4.7mで、屋根は鉄板置屋根・切妻造り、江戸時代末期の建築である。

穀倉

土蔵造り、正面3.8m・奥行き9.4mで屋根は桟瓦葺置屋根・妻入造り、江戸時代末期の建築である。

からめ手口・やぐら台

16世紀中頃の建造

竹ヶ岡八幡宮

12世紀源義国が石清水八幡宮より観請したと云う。

医務所・元寄宿舎

昭和初期、機業全盛期の頃の従業員のもの。

庭園

17世紀中頃の庭園。室町風、地泉回遊式庭園

草木染めの実演(毎週日曜日)

屋敷内で植生する草木を素材として用いた作品の制作を行っています。

PAGE TOP